1. ホーム
  2. コツをおさえて眼鏡美人に

コツをおさえて眼鏡美人に

メガネ

目を小さく見せないコツ

メガネをかけていて、近眼で度が強いほど目が小さく見えてしまうところがネックだという人は多くいます。特に女性は気になるポイントですよね。目とレンズの距離が遠いほど、レンズを通して見た時に目が小さく見えてしまいます。購入の際は、おしゃれなデザインも大事ですが調整でレンズと目の距離を変えられるものを選ぶのもコツです。おしゃれでデザイン重視のメガネブランドでも非球面レンズの取り扱いが増えています。非球面レンズは人から見える目の大きさに変化が出にくいだけではなく、レンズ周りのぼやけ・歪みが少なく、レンズ自体にカーブがついていないのでフレームから浮いてしまうこともありません。メガネ選びの時にはこういった点もチェックしておきたいですね。

フレーム選びのコツ

ファッションの一部として大きなフレームのメガネが若い世代を中心に流行りましたが、実用重視の人には小さいフレームのほうが瞳が小さく見えてしまうことが少なくおすすめです。また、初めて眼鏡を作る場合にフレームがないタイプを選ぶ人もいますが、これは目を小さく見せたくない人にとっては逆効果です。肌や瞳の色に合った落ち着いたトーンで目周りをフレーミングしたほうが違和感が少なく、目の大きさへの印象も変わりにくいと言われています。メガネをかけているとせっかくのメイクが映えないという女性は年代を問わず多くいます。裸眼と違ってレンズを隔てている分、色味も弱くなりがちです。せっかくおしゃれなフレームを選んだのなら、フレームに使われている色をアイメイクに入れたりと自分なりに工夫してみましょう。フレーム上部のカーブに眉を合わせて描くのも一体感があっておすすめの方法です。自分が好きなメイクや眉の形を意識して選んだメガネだと、おしゃれもより一層楽しくなりますね。

Copyright© 2017 日本人の目に合うビーハートビーのカラコン|魅力EYEになろう All Rights Reserved.